tombstonewildbunch

大学時取得した自動車免許取得体験

by on 4月.14, 2014, under 学生時代の思い出

大学生活最後の春休み。
自動車免許を取るため、教習所へ通いました。
就職してしまうと、集中して教習所に通えないので、学生のうちに取っておこうと思ったからです。
自宅からわりと近くで、友人から紹介してもらいました。
友人が卒業生だと、「あの先生はやさしい。」とか「教官のクセ」とかを教えてもらえる点が
よかったです。
(continue reading…)

コメントは受け付けていません。 more...

主人が料理を手伝ってくれるのはいいけれど、余計に時間と手間が増える

by on 3月.18, 2014, under おせち料理

私が主人にいらいらすることは、料理を手伝ってくれる時です。
たまに手伝いをしてくれるのはありがたいのですが、まず冷蔵庫にある食材で作れないことです。
わざわざ自分で買い出しに行き、高い食材やすでに冷蔵庫にある食材を二重で買ってきます。
こちらは、普段、冷蔵庫の食材をどうやって使い切ろうか、また1か月の食費を計算しながら料理をしているのにこの時点でいらいらしてしまいます。
(continue reading…)

コメントは受け付けていません。 more...

電話占いとイクメン

by on 5月.03, 2013, under 電話占い

私は非常に厳格な父親に育てられました。
父は昭和の人間ですので、家事や育児は女がやるものだという考えが定着していたのです。

その様な父をもつ私ですので、当然父と同じような考えをもっております。

そして、私も結婚をして2児の父になりましたが、最近妻が育児を手伝ってくれと言ってくるのです。
どうやら、妻は電話占いを利用しているようで、「今は男性も育児をする時代、イケメンよりもイクメンよ」などと語っております。

どうも、電話占い師に毒されている様な気もしますが、時代が変わったというのには私も思うところがありますし、やはり妻の事は愛していますので、少しは育児を手伝おうと考え始めました。

電話占いと携帯電話 | World of Mp3players

コメントは受け付けていません。 more...

電話占いを利用するなら

by on 4月.11, 2013, under 電話占い

女性は特に占いの好きな方が多いですが、私も悩みがあるときなどは占いのアドバイスをもとに対策を考えることもあります。

占いは雑誌などに掲載されているものや、インターネットでも無料の占いがたくさん用意されているので、いつでも気軽に占いが楽しめるのはうれしいなと思います。

でも、無料で利用できるものは、簡単なアドバイスしか読むことができないですし、より詳しい占い結果を得るなら、やはりプロに相談するのが一番だと思います。

でも、プロの占いが受けられる場所は限られていますし、せっかくお店に足を運んでも人気の占い師さんは予約でいっぱいということが多いようです。

そこで注目したいのが、電話を通じてプロの占いが利用できる電話占いです。

電話占いなら、自宅や携帯電話でいつでも好きなときにプロの占いを利用できますし、顔を直接合わせなくて良いので、緊張せずに悩みも打ち明けられるのではと思います。

電話占いもたくさんありますが、できるだけ評判が良く、料金も明確なところを選びたいものです。

電話占い考察

コメントは受け付けていません。 more...

インターネットと電話占い

by on 2月.03, 2013, under 電話占い

最近ではインターネットで占いができるサイトも数多くあります。
ちょっと検索してみたらネット上でも電話占いのサイト、無料占いサイトとたくさんありました。
(continue reading…)

コメントは受け付けていません。 more...

電話占い師になる為に必要な素質は?

by on 12月.27, 2012, under 電話占い

占い師になるためには霊感や第六感の持ち主でないとなれないのでは・・・と考えられがちですが、実際、占い師になる為に必要な素質というものには、どのようなものがあるのでしょうか?
確かに、電話占い陸奥のように霊感や第六感で占いを行っている占い師さんもいます。

占い師になる為には霊感や第六感だけではない、その他の面での必要な資質というものがあるようです。
(continue reading…)

コメントは受け付けていません。 more...

おせち料理の意味

by on 12月.12, 2012, under おせち料理

おせち料理の基本は、「三つ肴」といい、三種で、おせち料理を表現することがあります。

関東では、黒豆、数の子、五万米の三種で、関西では、黒豆、数の子、敲きゴボウの三種をいいます。

黒豆には、黒は道教では邪教を払う色として尊重されているのです。

御坊さんの御召し物が、黒いことを想像されて下さい。

納得されませんか?

それから、語呂合わせの意味もあり、まめに暮らせるようにとの願いが込められております。

数の子は、もちろん、皆さまご存知の通り、鰊の子供です。

(continue reading…)

コメントは受け付けていません。 more...